体験協議会とは?

大子町は10年ほど前より、東京世田谷区を中心に都市との交流を進めてきました。
最近の、田舎暮らしへの関心、食の安全安心問題等、田舎の持つ機能の重要性が問われています。
そのような動きに対応すべく町内の有志により、平成17年7月に「大子町ふるさと交流体験協議会」を立ち上げました。

まだ発足したばかりの新しい会ですが、会員一同温かい心と、それぞれのスタイルで皆様方をお迎えし、奥久慈大子の豊かな自然、歴史に育まれた文化を体験下さい。

是非

  一度、奥久慈大子に足を運んでください。

  二度目は、初回とは違う奥久慈大子を発見するはずです。

  三度目は、きっと奥久慈大子の懐の深さに驚きます。

  四季の変化や食べ物、奥久慈大子の魅力に感動し、きっと住みたくなります。

お気軽に、大子町ふるさと交流体験協議会のメンバーに声をおかけください。

平成19年8月

              大子町ふるさと交流体験協議会 会長 斎藤 庄一

※当協議会は、茨城県地域計画課、農村環境課、観光物産課、県北総合事務所、農業総合センター、グリーンふるさと振興機構、大子町等のご協力、ご援助を頂いて活動しております。